TOPICS

劇場セミナー 〜次世代モデルの研究〜 第5回 コンサートホールのつくりかた  オンライン配信

豊田泰久&伊東正示 二人だけの同窓会

国内ではサントリーホールを始めとするホールを手掛け、永田音響設計が海外に活躍のステージを広げて以来、そのリーダーとしてロサンゼルス ウォルト・ディズニー・コンサートホール、ハンブルグ エルプフィルハーモニー、ベルリン ピエール・ブーレーズ・ザールなど、世界屈指のコンサートホールの音響設計を手掛けてきた豊田泰久氏。
巨匠フランク・ゲーリー、ジャン・ヌーベルなど世界を牽引する建築家や、世界的指揮者たちと、いかにホール空間に優れた響きをつくりだしたのか。豊田氏の歴史を振り返りながら紐解く、音響設計家の仕事の極意とは。

TOPIC

【1】
豊田泰久氏が携わってきた、国内外のコンサートホールについてのふりかえり
【2】
「響きをみがく」という仕事 ~意匠設計と音響設計 どう響き合わせてホールをつくるのか~
【3】
次世代の建築家、劇場・ホールづくりに関わる人

▼ゲスト

豊田 泰久
音響設計家
1952年、広島県福山市生まれ。
広島大学付属福山高校卒後、九州芸術工科大学の音響設計学科に入学し、コンサートホールの音響設計に関する技術を学んだ。
1977年大学卒後、株式会社永田音響設計に入社し今日に至る。ロサンゼルス事務所とパリ事務所の代表を務めた後、現在はエグゼクティブ・アドバイザーを務める。
これまでに担当してきたコンサートホールや多目的ホールのプロジェクトの数は80以上。
著書に「Concert Halls by Nagata Acoustics」(Springer、2021年)。

▼モデレーター

伊東 正示
株式会社シアターワークショップ代表
1952年生まれ。
早稲田大学建築学科卒。その後大学院で劇場建築の研究を行う。
1981~94年文化庁非常勤調査員として新国立劇場の建設に携わる。
1983年シアターワークショップを設立し、劇場の企画から設計のコンサルティング、さらには運営まで幅広い業務を行っている。2008年に「職能としての劇場コンサルタントの確立と一連の業績」で日本建築学会賞(業績)を受賞。

▼開催情報

■開催日時:
2021年12月9日(木)18:30〜
※見逃し配信あり

■チケット料金 :
オンラインセミナー 2,000円(税込) ※収益の一部は、劇場業界の発展のために還元します。

■チケット購入ページURL :
https://theatre-workshop.spwn.jp/

協力:渋谷キャスト