TOPICS

YCC de 伝統芸能『のぞいてみよう!胡弓の世界』

日本の伝統楽器・胡弓。
琵琶、箏、三味線と並ぶ弦楽器ですが、これらと異なる点は<擦弦楽器>であることです。

擦弦とはバイオリンのように弓で弦を擦って音を出すことはご存じの通りですが、日本で唯一の擦弦楽器こそ『胡弓』なのです。
今回は中国の二胡、ブルガリアのガドゥルカも登場!競演あり、“ご当地ソング”「春の小川」の演奏あり…
さまざまな擦弦楽器の音色をお楽しみください!

木場大輔(胡弓)

淡路島出身。
甲陽音楽学院にて音楽理論とピアノを学んだ後、胡弓を始める。古典胡弓を原一男師に師事。2006 年より低音絃を追加したオリジナル四絃胡弓を開発。
映画「カムイ外伝」(松山ケンイチ主演)にて演奏と出演。NHKEテレ「にっぽんの芸能 花鳥風月堂」に出演ほか、さまざまなアーティストとの共演し、作曲家として数々の楽曲提供など幅広い活動を展開中。
江戸時代から連綿と受け継がれる胡弓楽を尊重しつつも、従来の三味線や箏の持ち替え楽器としての在り方を超え、独奏楽器としての胡弓の可能性を追求している。地唄舞の舞地や現代邦楽の演奏にも定評がある。

木村ハルヨ(二胡)

神戸出身。
本場中国で学んだ技術を礎にアーティスティックな感性を活かした活動を展開。古典曲のリサイタルを成功させる一方で、二胡ロックバンド蛇道-JADOH-や朗読ユニット音語り座マカロンの中心メンバーとしても活躍。海外公演も高く評価されている。
多数のCDをリリース。NHKラジオドラマや映画等にも出演。

ヨルダン・クラシミロフ・ マルコフ(ガドゥルカ)

ブルガリアの民族楽器・ガドゥルカの中心地 であるトラキア地方のノヴァ・ザゴラ 市出身。シューメン大学 音楽科卒。2006年に来日。
メインバン ド「バルカン」での演奏活動や、BSテ レ東「おんがく交差点」への出演など を通じて、日本では馴染みの薄いブル ガリア音楽を紹介している。 愛称ダンチョ。

足立知謙(キーボード・シンセサイザー)

作曲家、ピアニスト、サウンドクリエイター。
数多くの企業のTVCMや映像作品の楽曲を手がけ、マーケティング音楽の専門家としても最前線で活動。大阪音楽大学特任教授として後進の指導にも携わる。
木場大輔と『KODACHI~木立~』を結成。全国各地のコンサート、NHKTV・ラジオ番組など出演多数。

立岩潤三(パーカッション)

ダルブカ、タブラ、フレームドラム、トンバクなど中近東~インドを中心とした打楽器の演奏家。
各ジャンルの第一人者よりレッスンを受け、古典音楽やフォークロアの演奏と共に、ポップス、ロック、ジャズ等幅広いジャンルで国内外を問わず演奏活動を展開。作曲、編曲や楽曲提供も数多く行っている。

【胡弓とは?】

形状は一見“ミニ三味線”。三味線とほぼ同じ時期に日本に渡って来たと言われていますが、わからない部分も 多く、専門の胡弓奏者が存在しない言わば“脇役”的存在でした。箏奏者や三味線奏者が必要に応じて持ち替えて演奏してきた歴史があります。(歌舞伎『壇浦兜軍記~阿古屋』/富山県八尾の「越中おわら風の盆」などでは胡弓が活躍します) しかし、日本で唯一の擦弦楽器として、その特長は「音が伸びる」「メロディーを奏でられる」ということ。今回は、今まで脇役だっ た胡弓を、主役として現代に蘇らせ、多くの方々に胡弓の奏でる美しく哀愁に満ちた音色を味わっていただき ます。同時にたびたび混同される中国の二胡との比較演奏、また東欧ブルガリアの擦弦楽器であるガドゥルカ も登場し、擦弦楽器の魅力を余すところなくお伝えします。

日時
2021年2月20日(土)
13:00開場/13:30開演
料金
自由席 先着順(要申込)
一般 2,000円 学生 1,000円
会場
YCC代々木八幡コミュニティーセンター・ホール
https://goo.gl/maps/RR4C4jMoU6F2
お申込み
お申し込みはこちら
主催
株式会社渋谷サービス公社
企画制作
株式会社シアターワークショップ / 古典空間
お問い合わせ
シアターワークショップ YCCイベント係
TEL :080-7492-9689(平日10:00-18:00)
E-mail: ycc@theatre-workshop.co.jp