Recruit 採用情報

自分たちの“ホール”だからこそ
誇りを持ってイベントのサポートに臨みたい

施設運営部 統括マネージャー

三田 侑輝

ヒカリエ向かいの家電量販店のトップセールスから転身

– 入社の経緯は?

入社は2011年の11月です。今の上司と高校・大学の後輩だった縁でヒカリエホールの準備室が立ち上がるときに呼んでもらいました。学生時代に「劇場」という授業があって、そのプログラム全般をやっていたのも代表の伊東でした。前職は家電量販店で販売をしており、新しい事務所の家電を一式揃えたいと言われて家電とセットで連れてこられてしまいました(笑)。もともとは、放送関係の仕事がしたいと思っており、希望の放送局の親会社がその家電量販店だったので入社しましたが、毎年異動希望を出しても頑張りすぎて異動させてもらえず(笑)、迷っていた時に声をかけられたんです。

仕込んでいるのを見るのが好きなんです

– 現在の担当は?

今は施設運営部でヒカリエホールを担当しています。統括マネージャーというとえらそうですが、実際はイベント主催者さんの意向を汲み取って、会場でイベントが無事進行するようにサポートするお仕事です。渋谷という土地柄もありますが、ファッションショーやIT系セミナーや、合同就職展などが多いですね。

– 入社前と後で自社のイメージは変わりましたか?

伊東の授業を通してコンサルについてはある程度イメージがあったのですが、ヒカリエホールの立ち上げを契機に施設運営部が出来たので、自分たちで一から組織を作っていこうという感じでした。実際に入ってみて、毎日が楽しいですね。演劇をやっていると、稽古して、本番終わってバラすと次の日からやることなくなっちゃうじゃないですか。やることなくなって寂しくなるからまた次をやりたい、というのが役者さんやスタッフの原動力だったりすると思うんです。僕も仕込んでいるのを見るのが好きですし、原動力なんですよね。

人のふんどしを借りて相撲を取るからこそ…

– 達成感のあったことは?

イベントごとって関係者が多いので、様々な方々をうまくつなげて、イベントを無事に進行し終えると達成感がありますね。僕らの仕事って人のふんどしを借りて相撲を取るようなところがあるんですが、とはいえ土俵は自分たちのものなので、その土俵でかっこ悪い相撲は取らせたくないっていうのはありますね。だからこそ誇りをもって、ひとつひとつのイベントをサポートしています。CM発表会などでヒカリエホールが使われていることは多いです。たいてい、ニュースなどでは「都内某所で」と言われるんですが(笑)、行われたイベントをメディアを通して見ることも、ひとつ満足感にもなりますね。

– 今後チャレンジしたいことは?

イベントホールももちろんですが、劇場の施設運営とか、今までと違うことにも携わっていきたいですね。

– 休日の楽しみは?

奥さんと一緒に舞台を観に行って、二人でぎゃーぎゃー感想を言い合うことですかね。

三田 侑輝

施設運営部 ヒカリエホール
統括マネージャー

2011年入社。早稲田大学第二文学部表現芸術系専修卒。
在学中に、代表の伊東の劇場の講義を受講。ヒカリエホール立ち上げのタイミングで、前職の家電量販店から転職。
ヒカリエホールで統括マネージャーとして、ファッションショーからセミナーまで様々なイベント運営を取り仕切る。