Recruit 採用情報

コンサルも施設運営も、
お客様の笑顔のために

コンサルティング部 運営計画(ソフト)担当

東 芙美佳

裏方さんはどうしてこんな心地いい空間で吹かせてくれるんだろう

– 入社の経緯は?

入社は2015年の4月です。2014年からアルバイトでお世話になっていたんですけど、新卒で採って頂きました。はじめは、どうやってこれから皆さんについていこう、という感じでした。

– 学生時代は?

昭和音楽大学アートマネジメントコース出身です。文化政策や制作などの芸術活動を支援する方法論などを学び、インターンにも力を入れていました。他にも、授業を通していろいろな現場に行ったり、劇場でアルバイトをしたりもしていました。そもそも音楽高校で、プレイヤーを目指して、サクソフォンを吹いていたんです。地元のいろいろなホールで演奏させて頂く機会があったんですが、スタッフの方々はどうしてこんな心地いい空間で吹かせてくれるんだろうという感動があり、裏方の仕事に興味持ち、昭和音大に進みました。

コンサルも施設運営部も目標は一緒

現在はコンサルティング部で運営計画(ソフト)を担当していますが、入社してまもなく配属されたのは、施設運営部でした。まずは二ヶ月間、研修を含めて行ってきて、とても楽しく過ごさせてもらいました。研修が終わると同時に、新宿にあるイベントホールのルミネゼロの立ち上げに携わることになり、約一年半ホールの現場でお仕事をさせて頂いて、現在のコンサルティング部に異動になりました。施設運営部は毎日いろんな人に会うんです。ホールを利用される方だけでなく、イベントに来られるお客様とも関わる機会が多くて。コミュニケーション能力も高まったと思いますし、コンサルティング部でも活かせる経験ができたと思います。コンサルティング部は、生み出す仕事だと思っていますが、施設運営部は育てる仕事でした。生む人から育てる人へ、また育てる人から生む人へ、というキャッチボールがしやすさは、弊社ならではだと思います。

– 施設運営部とコンサルは違う?

違うと思います。運営部はそのホールの人間として動くので。弊社の名前は表には出にくいですよね。ただ、バックにコンサル部がいるのはすごく心強かったですね。同じ会社ですから、何か課題ができるとすぐに相談したり、現場にも来てもらえるという関係性です。テクニカル的な部分を含めて、すぐに聞けるのは心強かったです。
施設運営部にいたときに感じたことは、サービスには限界が無いことでした。ただ、皆さんに同じサービスを届けたいという想いがあり、どう整理して皆さんに届けるかを学んだように思います。コンサルとしては、まだ、一つの館を計画からオープンまで見届けた経験が無いので、これからたくさん頑張らなくては、と思っています。目標は施設運営部にいた時と一緒で、お客様の笑顔です。直接お客様と接するホールスタッフとは異なりますが、施設や運営にまつわる法律やロジカルなことを勉強しながら、先にいるお客様のことを考えてやっていきたいです。

– お客様というのは?

そのホールを利用される方もそうですし、舞台でパフォーマンスする方もお客様ですし、もちろん観客の方もお客様ですし。会社としては建物のオーナーもお客様で、いろんなお客様がいらっしゃいます。皆さんがハッピーになること理想ですので、そのための潤滑油になれたらいいなと思います。

劇場は出会いの場

– 現在はどういうチーム編成ですか?

コンサルティング部の運営計画担当は10人くらいいて、一つの案件に対して一人が主担当、一人がサポートする体制で動いています。過去に劇場で勤務されていた方など、様々な経験を経て、ここにいる人ばかりです。先輩たちの立ち居振舞いや業務の進め方を見て、日々勉強させてもらっています。
私は鹿児島県出身なんですが、地元にオープンするホールも担当していて、この先、五十年程残るであろう地元の資産に携わることができて、すごく嬉しいです。やはり地元の方々が使っていくものなので、地元の方々の意見が反映された地元の方々のためのホールになるといいと思います。私たちは、皆さんの意見を聞いたり整理する役割だと思っていて、それを担うということは皆さん以上にその地域のことを知っておくべき立場だと思っています。ですが、やっぱり地元の方々に教えてもらうことはたくさんあって、今回も私の知らない鹿児島を知る機会になりました。コンサルの寂しいところではあるんですが、私たちは劇場の専門家ではありますが、地元の方々にしてみれば、ある種“よそ者”です。その中でどれだけ仲間に加えて頂けるかが大事だなあと改めて思いました。

– 休日の過ごし方は?

すごく出不精なのであまり外に出ないのですが…この会社では月並みなのですが趣味は観劇で、お芝居だけじゃなくバンドとかクラシックのコンサートを聴きに行ったりします。
連れ出してもらわない限り行かないのですが、最近、旦那に連れられてキャンプに行っています。
旦那とは下北沢のスズナリという劇場で出会ったんですが、劇場というのは、本来なら出会うはずのない人に出会える場所なんだというオチになりますね(笑)

東 芙美佳

コンサルティング部 運営計画担当

アルバイトを経て2015年入社。昭和音楽大学音楽芸術運営学科アートマネジメントコース出身。
施設運営部にて二子玉川ライズ、ルミネゼロを担当し、2017年からコンサルティング部に異動。
施設運営での現場の経験を活かし、コンサルティングでも活躍が期待されている若手のホープ。